盗聴調査を行う業者は、数多く存在します。
盗聴調査に依頼する時に、業者の何を比較すると一番よいのでしょうか。

盗聴調査にもっとも必要なのは、どれだけの盗聴器に対応できる機材を保有し、適切に調査に使っているのかです。
どれほど高機能な機材を導入して調査を行っていても、機械に強い調査員がいなければ、機材の性能を存分に発揮できず発見することができなかったり、せっかく調査を行っても見つけ残しが発生する可能性があります。
盗聴調査で重要なのは「調査をしていますよ。」と見せるパフォーマンスではなく、レベルの高い機材とそれを扱う調査員の力量が伴っていることが重要になります。

盗聴調査になぜ機材力と力量が必要なのか?それは盗聴器の種類や進歩に注目しなくてはいけません。
盗聴器についてネットで少し検索してみればわかることですが、別のなにか(例えば置時計や掛け時計、ぬいぐるみ、PCなど)に偽装していたり、盗聴犯の必要に応じで自動で電源がオンオフできるもの、盗聴電波にスクランブルがかかっていて、一般的な発見機材では発見しにくいものなど、調べてみることで様々な種類があることに気づきます。また、電化製品が進歩するのと同様に、盗聴器も進歩し、盗聴器の小型化・精密さにつながっています。日々進歩する盗聴器の性能に、簡易の発見器やパフォーマンス重視の調査方法しか対応できなければ、盗聴器の進化についてはいけず、調査を行っても無駄になってしまいます。

ですから盗聴調査には、調査する側の機材や調査員の力量がかなり必要になってきます。
 

PickUpサイト
Yahoo! 盗聴・盗撮対策 カテゴリ
盗聴や盗撮対策に関するサイトが集めらたカテゴリページです。このカテゴリは、Yahooが運営しています。
盗聴器発見器情報セレクション
盗聴器発見器についての情報を集めたサイトです。
プロの盗聴器発見の技術を学ぶ
盗聴調査の実践で役に立つ、本物の盗聴発見技術を教えてくれる講座です。
国内のプロ業者を遥かに超える内容だそうです。


Mutual s-splash.net
アンチエイジング
オーディオ



Copyright (C) 盗聴調査のポイントブック